プロフィール

ガーデンスタッフ

Author:ガーデンスタッフ
東京から移住して八ケ岳南麓の清里で花の生産をしています。
植物と美しい自然、澄んだ空気をお届けいたします。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア

山茶花 東京から

旧ブログはこちらからどうぞキムラヤガーデンズスッタッフブログ


こんにちは

今日は東京
毎年手入れをしているお庭からです
このお庭の手入れも今年で終了
来年冬には取り壊されます。
庭は敷地が新しく出来る道路になってしまいます
江戸時代頃からここに住んで何度か家を建て直し
庭の形も変わりながらきました。

今年の剪定作業は複雑な気持ち
大きな木は植え替える場所もないので
止む得ず伐採になります
いつも通りの手入れをして
長い間楽しませてくれて「ありがとう」です
感謝をしながらしごとしました。

2017-12-17-4.png
コブシの花

もうこんなに蕾が大きくなり
あと3か月もすれば真っ白な花を咲かせてくれます。

2017-12-16-3.png
山茶花

美しい樹形になって今年も可愛らしい花
清里では山茶花や椿が育たないので
東京で暮らしていた時よりさらに愛らしく思います。


2017-12-16-2.png
花の少なくなる時期に開花期が長いので
晩秋から早春まで楽しめて真冬に雪が降った時に
雪化粧した花も素敵です。

2017-12-16-1.png
ローズピンクの鮮やかな花は
冬の主役ですね




北村直子

ブログランキングに参加しています よろしかったらクリックをお願いいたします


THEME:花と生活 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

伐採

何十年もの命なのに伐採は忍び難いですね。
自宅前の斜面林が防災工事のために伐採された際、切られた株からは翌年芽がでて大きくなっています。
でも、道路になるのだったら駄目ですね。
藪椿は、10センチほどの枝を土に刺したら翌年花が咲きました。
すでにつぼみが出来上がっていたからなのですね。

Re: 伐採

Shige Haru 様

こんにちは
最近記事の更新がしていなくすいません

道路になってしまうのは残念です
車も人も減少する中、数十年前の計画がそのまま進んでいます。
残念に思います
都会では移植の場所がない木達
伐採、抜根されるのが悲しいです

清里では寒冷地なので育たない木がほとんどで
つくづく植生の違いを感じます

不思議です大木が寿命を向かえたのか
移転を知っているのかのように枯れました
物言わぬ植物
長い間、人々の暮らしを見つめてきて
見切りをつけたのでしょうか?

江戸川区でも大きな庭が相続、都市計画によりなくなっていきます
残るのは公園、神社、仏閣ぐらいになり
のどかな昔の景色は見られなくなりました
寂しくも思いますね

またコメントお待ちしております。
北村直子

EDIT COMMENT

非公開コメント